沈ミコム
音ポリこと、FULLPOLYGONこれまでの歩み
つうかむしろ、筆頭の歩み(わしが書いとるから。)
*逆算がめんどいので、年や月は適当です。



同年
五合、文化祭でLというビジュアルバンドのサポートをする。
立ち弾きはきついので座り弾きベースでルナシーだかラルクだかのコピーをやり、挙句ヌンチャクのカバーまで強要。

1996くらい
筆頭と同じ高校に通っていた二号と、五合がたまたまライブで出会う。
のち意気投合し、セッションをやったりする。
同年
散々学校でバカにされまくったメン募だったが、一通だけ応募が!
隣町の子であったが、我々文面のせいで性別を間違われていた・・・
とりあえずその子に筋少を貸す。

同年
バンドのメンバーが足りないので、バンやろにメン募を出す。
名前出さずに載ったにも関わらず、翌日、即バレ。学校で散々言われる。

1994くらい
同じく中学校で話すようになった三号機と筆頭、そしてもう一人でバンドをやろうと盛り上がる。
今回は、バンドが消滅する前に名前を付けようと図書室に行き、辞書でエエ感じの名前を探したりした。
付いた名前が「阿鼻叫喚」。どうしたかったのか。ドロドロしたかったのか。
パートは三号がドラム、筆頭がボーカル、もう一人はベースだった。

同年
頑張って書いた「雄叫び」だったが、休み時間に五合に見せるも生返事。
嫌がってるのを雰囲気で感じ、筆頭もヘコむ。
今考えれば当り前だが、ともかくそれ以来そのバンドの話はどちらともなく避けるようになり、
バンド名も決まらないうちに自然消滅。

1993くらい
中学校が一緒の五合と筆頭、二人でバンドをやろうと盛り上がる。
所詮は昔の子供の思いつきなのでパートまではちゃんと決まっていなかったが、
多分五合はギターで、筆頭はボーカルだったんだと思う。
別に音楽の趣味が同じだった訳でもないのでカバーしたい曲もないし、 曲も当然なかったが、
歌詞はがんばって書こうと筆頭は書院(ワープロ)に向かってシコシコと書いた。
曲名は「雄叫び」・・・だった、多分。なんかそんな暑苦しい名前だった。




←諸活動に戻る

←戻る




【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース